電子レンジ換算表を作ってみた、ついでに電子レンジ豆知識も

学習

すぐ使いたい方の為に、いきなり計算式を示します。

↓ここからブログ本文

U子
U子

外国よりも日本では電子レンジが大活躍

シゲンチ
シゲンチ

冷凍食品大国だからね

中国に5年行ってる間に、日本の冷凍食品も相当進化して驚きました。

ご飯+おかずの冷凍食品は温めるだけで1食食べられてお値段290円だし、デミグラスハンバーグはソースに使ってるし、凄いよニッポン。

しかもご丁寧に包装袋にはワット数と温め時間が書いてあります、さすが気配りがある日本の冷凍食品。

しかしながら、一人暮らしなら問題ありませんが、家族4人分となると問題発生。

冷凍食品1つのレンチン時間が大体600ワット✕5分、4人分だと5分✕4=20分かい…、意外と長い。

なんとかこの時間を短くしたいと考え、ふとレンジを見ると700ワットに設定できるじゃありませんか。

そもそもワット数って何?ということで少し調べてみることに。

スポンサーリンク

電子レンジのワット数

電子レンジのW(ワット、以下Wで表示)数をずっと消費電力だと思ってましたが誤解してました。

電子レンジのW数は温める際のパワーです。

パワー✕時間=エネルギー、ということで高校生?で習ったエネルギー保存の法則から以下の式が成立します。

温める時間=(指定のW数×指定の温め時間)÷使う電子レンジのW数

これを利用すると600W✕5分=700W✕4分17秒≒4分20秒となり、40秒短縮できました。

4人分だと40秒✕4=160秒ということで約3分短縮できます、結構違いますよコレ。

じゃぁとにかくハイパワーで時間短縮しようぜ!というわけにはいかないのです。

500Wが推奨の食品を1000Wで温めると、パワーが強すぎて焦げたり、ふきこぼれたりするおそれがあります。

洗面器に水を溜める際に、水道の蛇口を半分ひねってすこしずつ溜めるのか、全開でジャーっと溜めるのかの違いです。

換算表にしてみた

最近のレンジは600Wが主流なようなので、前後500Wと700Wの換算表を作って、計算しなくていいように準備しておきます

これがあれば、パッと換算出来るので便利です。

電子レンジの秒単位は10秒単位が殆どなのと、しっかり温めることを考慮して10秒以下は切り上げています。

その為、計算結果が1分60秒となることもありますので、了承下さい。

電子レンジワット数換算表
500W600W700W
36秒≒40日30秒25秒
1分12秒≒1分20秒1分51秒≒1分
1分48秒≒1分50秒1分30秒1分17秒≒1分20秒
2分24秒≒2分30秒2分1分42秒≒1分50秒
3分2分30秒2分8秒≒2分10秒
3分36秒≒3分40秒3分2分34秒≒2分40秒
4分48秒≒4分50秒4分3分25秒≒3分30秒
6分5分4分17秒≒4分20秒
7分12秒≒7分20秒6分5分8秒≒5分10秒
8分24秒≒8分30秒7分6分

500/600/700W以外

いやいやうちのレンジは更にハイパワーで1000Wまでいけるんだよ、という方は冒頭でも紹介した下記の式をお使い下さい。

10秒以下の切り上げ方法は、上記と同じ仕様としています。

電子レンジ豆知識

せっかくなので電子レンジについてもう少し調べてみました。

電子レンジ発明者

電子レンジの発明者はアメリカ人のパーシー・スペンサーという技術者兼発明者です。

1947年に軍事用マイクロウェーブ発生装置であるマグネトロンを応用して、世界初の電子レンジが作られました。

軍事用から家庭用に転用される技術は多いですね。

高さ180cm、重量340kgだったということで、今で言う冷蔵庫くらいの大きさでさょうか。

日本初の電子レンジ

日本では1959年に東芝が日本製電子レンジを発売しています。

自分で調べてて、えっ、そんな昔からあったの…と思ってしまいました。

その後電子レンジといえばターンテーブルをシャープが1966年に発売しています。

私が生まれる前からターンテーブルあったんかい!という思いです。

ターンテーブル式電子レンジ豆知識

U子
U子

ターンテーブルの何処に食品を置くのがいいと思う?

シゲンチ
シゲンチ

男らしくど真ん中やろ

U子
U子

正解は端っこでした〜

一般的なターンテーブル式電子レンジのマグネトロンは天井についていて、食品に当たらなかったマイクロウェーブは壁で反射します。

なので壁に近い方がよく温まります。

電子レンジ換算表のまとめ

この記事はブログというより、電卓叩くのが面倒くさい自分の為に作った備忘録です。

世の中に同じくらい面倒くさがりの人がいたら使ってください。

では。

タイトルとURLをコピーしました