吹牛(チュイニウ)の意味は、ホラを吹く。法螺じゃなくて牛を吹くんだ・・・

スポンサーリンク

中国語だと嘘をつく撒谎(sāhuǎngサーファン)ですが、ほらを吹くは吹牛(chuīniúチュイニウ)です。

嘘をつくホラを吹くの違いは何でしょうか。

また、吹牛の意味だけじゃなく、語源の由来も調べてみました。

スポンサーリンク

吹牛(chuīniúチュイニウ)の意味

吹牛(chuīniúチュイニウ)は、ホラを吹くの意味です。

この記事を書くまでホラを吹くことは、嘘つきと同義だとずっと勘違いしてました。

ホラを吹くとは、大袈裟なでたらめを言ったり、物事を誇張しすぎることであって、嘘を付く(真実でないことを言う)事ではないんですね。

勉強になります。

法螺貝で作った法螺は、見た目以上に大きな音が出ることから、ホラを吹くの意味が来ています。

では、吹牛は牛を吹くんですが、牛を吹いて音が出るのでしょうか?

語源を調べてみると、諸説あるようです。

諸説1 遊牧民族の財産

遊牧民族の一番大切な財産は、牛と馬であり、人が集まって話をするときにはいつも、自分が持っている牛と馬の話になってしまう。

自分の牛や馬が、とても凄いんだよと誇張したことが吹牛と呼ばれるようになった。

諸説2 内モンゴルの筏

内モンゴルでは、川を渡る際に使用していた筏の材料は、馬か牛の皮であり、それに息を吹き込み筏として使用していたらしい。

小さな状態の牛の皮が、息を吹き込むことで大きな筏となり、筏を数隻繋げて数千キロもの荷物を運んだことに由来する。

他にもありますが、由来について明確にはなってないようです。

吹牛の使用例

しげさん
しげさん

我终于买到自己房间,房间那么大!可能有平均的四倍差不大。

(ついに家を買いました、部屋は相当広いですよ、平均の4倍程度あるかもねー)

同僚
同僚

这个人有吹牛的习惯

(この人ホラを吹く癖があるわね)

吹牛のマイ辞書アプリ翻訳結果

中国語翻訳アプリ百道翻訳DearTranslate・GoogleTranslateによる翻訳結果の比較です。

百道翻訳で翻訳

吹牛:法螺を吹く

わざわざ難しい漢字で法螺(ほら)と書いてありますが、翻訳は正しい。

法螺は法螺貝のほらですが、実は中国語で法螺は(fǎluóファールオ)です。

ファールオ、ファールオ、ファルオ、フォルオ、フォロオ、フォラオ、フォラ、ホラみたいに実は中国語から来た音かもしれませんね。

だって螺はラと読めますが、法はホと読めませんもん。

Dear Translateで翻訳

吹牛:ほら

うーん、惜しい!。

吹くって入ってないから、意味として通じない。

Google Translateで翻訳

吹牛:自慢

ちょっと間違ってるのですが、これはホラ吹き→英和訳→boaster。

boasterには自慢という意味もあるらしいので、そちらから来てると思われます。

百道翻訳の勝ち!。

牛関係の中国語造語

「牛」に関する単語関係で、最近中国ではやってる造語があるので、そちらも紹介します。

牛で「すごい」という意味を表します。

「最牛」「牛牛牛」で、すごい!とい意味です。

辞書には絶対載ってませんので、覚えておいて損はありません。

吹牛のまとめ

今回は吹牛の意味を習得しました。

身につけた単語は早速明日から会話やメール文章に取り入れてみましょう。

上手く伝わらなくても気にしないで下さい、気にしないことが語学学習ほ秘訣です。

再見!