初心者におすすめの中国語学習本。HSKと中国語検定−編

スポンサーリンク

中国語の勉強をやろう!と決めてから今まで結構な教科書や参考書、試験問題集を購入してきました。

中には買っては見たものの一切使ってない物もあり、無駄遣いしたなぁという気持ちもあります。

現在結構喋れるようになってきたので、ここでそれらの本についてちょっと振り返ってみます。

どの本が初心者にとって役に立ったのか。

スポンサーリンク

試験用参考書

まず、中国語勉強のモチベーションを保つことも含めた試験勉強用の参考書です。

中国オフィシャル試験「HSK汉语水平考试」と日本オフィシャル試験「日本中国語検定」の2種類をそれぞれの受験級に合わせてこれまで購入してきました。

HSK(汉语水平考试) 試験対策用テキスト

まずは、HSK(汉语水平考试)の試験対策用のテキストです。

著者宮岸雄介
発行株式会社スプリックス
書名中国語検定HSK公認テキスト2級
ページ数273ページ
値段2,580円

著者孔子学園总部/国家汉办
編集株式会社スプリックス
書名中国語検定HSK公式過去問集2級
ページ数210ページ
値段2,580円

私の中国語勉強の始まりのきっかけになった本です。

テキストは同僚からの貰い物ですが、過去問集は自分で購入しました。

内容は基本的な、数字表現から始まり、動詞/副詞/疑問文、禁止/使役と進んでいきます。

1UNITが4ページ学習、その後ヒアリング問題や穴埋め問題等で復習していく構成となっており、一つ一つをきっちり身に着けていけます

また、面白いのが、ピンインは全て赤文字で書かれており、赤シートが本に添付していますので、隠すことでピンインの記憶学習も出来ます。

赤シート(赤文字が消えるシート)はHSK公式テキスト全てに付属しています。

この赤セロファンシート懐かしいわー

学生時代思い出すわね

過去問集は、最近5年分の過去問を回答と解説と共に収録してますので、試験前にやれば時間内に終わるのか等が実感出切ると思います。

過去問集のページの半分は過去問、解説が残り半分という構成になっており解説内容が丁寧です。

音源はCDでなくインターネットのURLとダウンロードキーが本内にあります。

いきなり2級から初めていいの?と思う方もいると思いますが、1級はさすがに簡単過ぎるので大人は2級からでいいと思います。

著者孔子学園总部/国家汉办
編集株式会社スプリックス
書名中国語検定HSK公認テキスト3級
ページ数395ページ
値段2,980円

著者孔子学園总部/国家汉办
発行株式会社スプリックス
書名中国語検定HSK公式過去問集3級
ページ数273ページ
値段2,780円

3級のテキストと過去問題集です。

テキストは2級と比較すると分厚くなっています。

内容的にも濃くなっています。

著者宮岸雄介
編集株式会社スプリックス
書名中国語検定HSK公認テキスト4級
ページ数407ページ
値段3,280円

著者宮岸雄介
編集株式会社スプリックス
書名中国語検定HSK公式過去問集4級
ページ数334ページ
値段2,980円

4級のテキストと過去問題集です。

テキストのボリュームは3級と変わらないです。

著者
編集株式会社スプリックス
書名中国語検定HSK公認長文テキスト5級
ページ数225ページ
値段3,380円

著者宮岸雄介
編集株式会社スプリックス
書名中国語検定HSK公式過去問集5級
ページ数394ページ
値段3,280円

5級のテキストと過去問題集です。

5級のテキストは学習内容ではなく、100問の長文と日本語訳があるだけです。

5級はCDが付属してあり、CDには長文が収録されてるので、長文を聞き取れるかの訓練が主となります。

この長文ヒアリングですが、もはや修行の域です、相当気合入れないと挫折します、これは買って失敗。

HSKの教科書は4級までは実用的ですが、5級のテキストは買う価値が無いです。

日本中国語検定 試験対策用テキスト

続いて日本中国語検定試験対策用のテキストです。

著者戴暁旬
発行アスク出版
書名合格奪取!中国語検定準4級トレーニングブック
ページ数?ページ
値段1,760円

中国語検定の一番下の級です。

HSKは1級→6級と難しくなっていきますが、中国語検定は準4級→1級と難しくなっていきます。

著者戴暁旬
発行アスク出版
書名合格奪取!中国語検定4級トレーニングブック
ページ数238ページ
値段1,600円

中国語検定4級のテキストです、中身はリスニング/単語/文法/長文読解と必須単語リストとなっています。

教科書!という印象です、残念ながら過去問は付いていませんが、過去問の問題を設問ごとに分解した単元となっていますので、やれば過去問の感覚は身に付くと思います。

著者長澤文子+蘆尤
発行アスク出版
書名出るとこだけ!中国語検定3級合格一直線
ページ数199ページ
値段2,400円

1日6ページずつ学習を進めていくと、順番に疑問詞/介詩/量詞から単語、文法と進んでいき最後に長文という構成です。

本体のページ数は少ないのですが、リスニングと長文問題+解説の別冊140ページ分があり、テストに沿っているのでこちらの方が勉強しやすい。

イラストや今日の一句等遊び心もあり、初心者が学習を続けやすい内容となっている。

著者戴暁旬
発行アスク出版
書名中国語検定2級トレーニングブック
ページ数395ページ
値段2,000円

著者戴暁旬
発行アスク出版
書名中国語検定2級トレーニングブック
リスニング問題編
ページ数210ページ
値段2,000円

合格1直線の2級版が欲しかったのですが、無かったのでまたトレーニングブックを買いました。

2級のトレーニングブックはテキストとリスニング問題編に分かれています。

2級の実際のテストに沿ってるような沿ってないような、という印象です。

やはり4級同様テキスト感が強く、さらに2級というボリュームのせいか、ちょっと挫折するテキストです、願わくば他の種類が欲しい。

中国語検定のテキストは好みが分かれますが、初心者は「出るとこだけ!中国語検定3級合格一直線」のようなちょっとポップな感じのテキストの方が、学習を続けやすいと思います。

まとめ

振り返ってみると、合計13冊、金額にして33,600円(税別)を投資していたと分かりました。

大人になって、1つの分野のテキストをここまで買い込んだのは初めてではないでしょうか?

HSKの6級と、中国語検定準1級のテキストを購入したら記事をリライトします。

試験用のテキスト以外にも「暮らしの中国語単語10,000」等の単語集など購入してますのでそちらは別の記事でまとめます。