日本帰国後の中国語の維持方法 NHK中国語講座とCCレッスン

中国語
シゲンチ
シゲンチ

日本で生活してると中国語ぜんぜん使わんな・・

管理人が中国にから日本に帰ってきてもう半年以上が過ぎました。

日本で生活していると中国語を使う機会などほとんど無く、あれよあれよとレベルが落ちていきます。

これはいかん!ということで少しでも以前のレベルを維持すべく下記の活動をはじめました。

・NHK中国語会話
・CCレッスン
・中国語検定テキスト

実は上記以外にも色々やったのですが、最終的にこの2つに落ち着きました。

賛否両論あると思いますが、今の私にはこれがベストな選択のようです。

この2つの活動について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

NHK中国語レッスン

U子
U子

王道ねー

とりあえず色々やってみたのですが、やはり毎日のなかで時間を決めて習慣化してしまうなら、ラジオ番組のように定時のものはおすすめです。

もちろんポッドキャストでもいいのですが、自分にあった番組を探すのが面倒くさいという方は、NHKラジオの語学番組一択でしょう。

 

今はラジオもスマホで聞く方がほとんどですので、NHKラジオ(らじる★らじる)のアプリが用意されています。

下はアプリのメインメニュー画面ですが、R1/R2/FM/聴き逃しのR2に語学学習があります。

アプリであれば下記の画面のように予約設定が出来るので便利です。

予約した時間になれば、強制的に再生が始まりますので、他の作業をしていても勉強を忘れることがありません。

シゲンチ
シゲンチ

15分という時間もちょうどいいです

専用のテキストもありますので、何回か聞いて週間化してしまった方は、テキストも買って学習するとより深く理解出来ます

本屋さんで売ってますよ。

 

NHKラジオの語学講座には、中国語以外にも英語/韓国語/スペイン語等もあります

U子
U子

水曜日だけ聞き逃しちゃった

という方は、いくつかの番組は「聴き逃し」でその週の分をまとめて放送してますので、あきらめずにチェックしてみて下さい。

 

興味を持った方の為にNHKラジオ(らじる★らじる)のアプリのリンク先を貼っておきますね。

NHKラジオ らじるらじる ラジオ配信アプリ

NHKラジオ らじるらじる ラジオ配信アプリ

NHK (Japan Broadcasting Corporation)無料posted withアプリーチ

 

CCレッスン

シゲンチ
シゲンチ

こちらはオンラインレッスンです

NHKラジオだけでもヒアリングのレベルは維持できます。

但し、当たり前ですがスピーキングのレベルは維持できません。

身近に中国人の友達がいる方はいいのでしょうが、中々そんなチャンスは無いですよね。

 

U子
U子

中国で出来た中国人の友達とwechatでトークすればいいんじゃない?

とも思ったのですが、下記の理由でやめました。

 

・訛りがあるので、訛りがうつってしまい標準語から外れてしまう
・話題が偏ってしまう、話題が尽きてしまう
・長話が出来る時間帯が合わないことが多かった

 

シゲンチ
シゲンチ

よし、中国語会話教室を探そう!

と思ったのですが、中国語会話教室は、英会話教室と比較すると非常に少ないです。

都市部以外では尚更の事情です。

 

ですが、今はインターネットの時代です、コロナ禍とういこともあって、オンラインの語学レッスンはどこもしのぎを削ってるようです。

その中で私が選んだのはccレッスン

ccレッスンの特徴は、講師とレッスン時間を自分で選択して、レッスン内容も講師と決めていくというやり方です。

いたって普通なのですが、なぜここを選んだかというと

シゲンチ
シゲンチ

wechat(人民元)でレッスン料を支払えたから

という理由、ちょうどwechatPayのチャージが余って使い道がなかったのでレッスン料として使っています。

 

レッスンについては、講師の当たり外れだと思いますので、良い講師を2~3人探すまでが大変ですが、見つかれば常時その講師とレッスンをやれば良いと思います。

日本語を全然話せない講師等もいますので、自分を追い込みたい人にも向いてますよ。

レッスンは、wechatのトーク機能化、skypeを使用しますので、Wi-Fi環境化であれば問題無いです。

 

中国語検定テキスト

シゲンチ
シゲンチ

やっぱり目標があった方がやりがいがあります

この記事を読んでいる方で、中国語検定を持っている方はいらっしゃいますか?

 

何級を持っていますか?

もし中国語を学習していて中国語検定を受けたことがない方がいれば、ぜひ受検をおすすめします。

 

受験をおすすめする理由としては・・・

・今の自分のレベルを正しく測ることが出来る
・不合格の場合は、合格に向けて、合格したら次の級という学習モチベーションになる

ことが挙げられます。

語学学習が続かない原因の一つとしてモチベーションが続かないことが挙げられますので、試験を受けることが一つの対策になります。

受験料を払ってしまうともったいないという気にもなりますしね。

 

以上、中国語を過去に学習してレベルを維持する方法の紹介でした。

もし同じようなことを考えている人がいれば、どれか試してみて下さいね。

では、再見!

タイトルとURLをコピーしました