Go To キャンペーンとは?キャンペーン内容と申請の仕方や開始日時、金額など調べてみた。

スポンサーリンク

最近日本のニュースを見ていると、「Go To キャンペーン」なるニュースが多いのだが、詳細が分からなかったのでちょっと調べてみることに。

スポンサーリンク

Go To キャンペーンとGO To トラベルキャンペーン

まず、「Go To キャンペーン」と「Go To トラベルキャンペーン」と2つの名前があり、略称の違いと思ってたらそうではなく、国土交通省のホームページで確認すると、Go To キャンペーン事業内に5つのキャンペーンがあることが分かる。

Go To キャンペーン事業
令和2年度補正予算案額 1兆6,794億円
  1. Go To Travel キャンペーン
    旅行業者等経由で、期間中の旅行商品を購入した商品者に対し、代金の1/2相当分のクーポン等を付与
  2. Go To Eat キャンペーン
    オンライン飲食予約サイト経由で、期間中に飲食店を予約・来店した消費者に対し、飲食店で使えるポイント等を付与。
    登録飲食店で使えるプレミアム付食事券(2割相当分の割引等)を発行。
  3. Go To Event キャンペーン
    チケット会社経由で、期間中のイベント・エンターテイメントのチケットを購入した消費者に対し、割引・クーポン等を付与(2割相当)
  4. Go To 商店街 キャンペーン
    商店街等によるキャンペーン期間中のイベント開催、プロモーション、観光商品開発等の実施。
  5. 一体的なキャンペーンの周知
    キャンペーンを一体的に、わかりやすく周知するための広報を実施。

一番最後の、わかりやすく周知するための広報を実施とあり、私が知らなかったのは日本に居なかったからで、日本に居る方はきっと周知なのでしょう。

Go To Travelキャンペーンとは

Go To Travelキャンペーン」は観光庁が主体となっているようなので、観光庁のホームページへ行ってみる。

観光庁のホームページを見て、心の第一声「見にくい・・・」

見にくい理由
  • スマホ用ページが無い
  • Go To Travelキャンペーンがどこにあるか結構探した
  • 誰向けのホームページか全く分からない

よくこの時代にここまでダサいホームページが運営出来るなと思う。

スマホだともう見たくなくなるレベル。

GO TO トラベル関連事業というバナーをやっと見つけた。(赤文字にしたから目立つだろうとか思ってるなら、ホームページ作ってる人をクビにした方がいい、税金のムダ)

Go To Travelキャンペーン」ではなく、「Go To トラベル事業」(名前ぐらい統一しろ)のバナーをクリックするとPDFファイルがダウンロードされる、どれどれ。

Go To トラベル事業概要

Go To トラベル事業概要①
  • 国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
  • 支援額の内、①7割旅行代金割引に、②3割旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。
  • 一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。
  • 連泊制限や利用回数の制限はなし

まとめると一人一泊あたり2万円を上限として、半額相当を支援するということですか。

4人家族なら1泊16万円の半分を補助しますと、声高に言ってる人がいるが、今時1泊16万もする国内旅行しますか?

事業開始日

Go To トラベル事業概要②:事業開始日
  • キャンペーン開始は令和2年7月22日から
  • 7月22日以降に開始する旅行代金の割引を先行的に開始
  • 7月22日以降の旅行を既に予約している方々については、旅行後の申請により割引分を還付
  • 7月27日以降、旅行業者、予約サイト、宿の直販予約システム等において、準備が整った事業者から、割引価格での旅行の販売を実施

7月22日、これを書いているのが7月10日なのであと12日後に開始です。

海の日の4連休前から開始して、4連休からの旅行も促しているようで、とにかく夏休みから大いに遊びに行けと。

私の頭がそれほど良くない為、「割引を先行的に開始」、「割引価格での旅行の販売を実施」の部分が全く理解できない。

その部分の詳細説明も無し、世の中の人は皆理解出来るのだろうか?

「割引価格での旅行の販売を実施」とあるが、割引前の価格が分からなかったら、5割かどうかなんて誰が判断するんでしょうか?

旅行後の還付申請

Go To トラベル事業概要③:旅行後の還付申請
  • 旅行者から事務局への申請
    郵送又はオンラインで
    ・申請書(事務局ホームページ・宿泊施設で入手)
    ・領収書(原本)
    ・宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設から入手)
    ・個人情報同意書
  • 事務局で書類確認後、旅行者に還付
    口座振込みクレジットカード振込み 等

まずは還付方式で対応するようです。

郵送又はオンラインと書いているのに、領収書は原本でと書いてあり、原本をオンライン(写真?スキャナー?)で送付した時点で原本の意味がないのでは・・・。

クーポンはどうやって手に入れるの?クレジットカードに振込みというのは、クレジットカードで支払った分を返金という形で行うということ?

「等」と書いてる時点で、よく分からない。

地域共通クーポン

Go To トラベル事業概要④:地域共通クーポンについて
  • 地域共通クーポン付の本格実施日は9月1日以降で別途お知らせ
  • 地域共通クーポンは、旅行代金の15%
    1,000円単位でお釣り無し
  • 旅行先の都道府県+隣接都道府県において、旅行期間中に限って使用可能

クーポンは9月1日以降で別途お知らせとあるので、10月くらいに開始予定なのでしょうか?

旅行期間中ってどうやって証明するんでしょうか?

割引対象外

割引対象となる旅行商品
  • 個人で手配する交通は割引対象外
  • ツアーパックの航空券等は対象内

個人手配の交通は割引対象外です、注意が必要ですね。

個人手配でしか旅行しない為、私にはメリットがほぼ無い、まぁ暫くの間は日本国内旅行など行く予定は無いので関係ないのだが。

まとめ

大体理解は出来たのだが、クーポンの受け取り方法等がまだ曖昧であるし、申請してからすぐ振り込まれるのか等、不明な点がすごく多い。

コロナウィルスがまだ収まってないのに、ツアーパックの旅行を推奨していることにものモヤモヤ感は残ってしまう。

ただ、旅行業界も既に大変だということなので、コロナウィルスが完全に収束していれば、すごく良い企画なのかもしれません。

まだ収束していない今であれば、キャンペーン利用者はPCR検査を受けれるとかセットにしてしまえば、受け入れる旅館や航空会社も少しは安心するのではないだろうか。

なんか企画としてはツメが甘いと言うか、練られてないというか、常識ある側からするとツッコミどころ満載。

なんにせよ、至る所でクラスターを発生させるGo To トラブルキャンペーンになってしまわないことを祈るのみである。