プラモデルは大人におすすめのインドア趣味。TAMIYA TIGERⅠウェザリング泥汚しと土汚し・戦車長も塗装。

スポンサーリンク

TIGERⅠをつくる その4

その2の続きで、塗装が完了したTIGERⅠに汚し仕上げの続きで泥汚し・土汚しを施していきます。

やったことのない人には分からないかもしれませんが、ものすごく楽しいんですこれが。

スポンサーリンク

泥汚れ

泥が一番付くところは履帯なので、履帯を中心に泥と土で汚れた感じにします。

使用する塗料はGSIクレオスのMr.ウェザリングマスターのマッドブラウンとマッドホワイトです。

それぞれが泥と乾いた土のような塗料です。

塗料と呼ぶには粘土がとてつもなく高い塗料ですが、ウェザリングカラーの薄め液で薄めることができます。

ウェザリングペーストはその名のとおりペースト状の塗料です

こんな感じでネットリしてて、色といいウ○コにしか見えんな。

薄め液調整して練習塗り

薄め液で調整しつつ、見えないところで練習しましょう。

失敗しても薄め液で簡単に取れるので思いっきりやりましょう。

但し、直前に塗ったウェザリングカラーの砂汚れが取れますので、たくさん失敗しそうな場合はペーストを塗る前につや消しで一度固めてしまいましょう。

泥汚れは思い切りが大切

思いっきり塗ります、履帯の溝に泥がつまった感じを出したり、牽引用のフック周りもべっちょり塗ります。

続いて土汚れは同じくウェザリングペーストのマッドホワイトにて塗ります。

マッドホワイトは部分的に塗って乾いた土が乾いた感じで

マッドホワイトは部分的に塗りました。

泥除けが無い箇所は、履帯からの土飛沫が激しく飛び散った感じにしました。

土飛沫がたくさん付いた感じに
塗料攪拌用のスプーンでピシャピシャ飛ばすように

全体にも土飛沫を飛ばします。

土飛沫を飛ばすときは、あまり薄めすぎずに少量を短めの筆に付けて、指等で弾くといいです。

ウェザリングペーストは脂分が多くて、手に付くと洗っても落ちにくいので、攪拌用のスプーンを使って弾きました。

結構な範囲で飛び散るので新聞紙をたくさん引くか、飛び散ってもいい場所で作業しましょう。

戦車長も塗ります

長い間放置していた戦車長も塗っていきます。

戦車長の非常に小さい面積の為だけに、塗料を買うのは気が引けたので、娘のお絵かき用のアクリル絵の具を拝借して塗りました。

アクリル絵の具は優秀です、水にも溶けやすいし、他の色と混ぜて中間色も作りやすいです。

服と帽子は黒のみで、手袋とブーツは黒に白を加えた暗めのグレー、肌は黄色とオレンジの調色、髪はオレンジ色で仕上げてます。

ベルトなどの飾り部は一旦シルバーで明るくしておき、上からイエローで塗ります。

アクリル絵の具のみで塗った直後なので、テッカテカですし、すぐ手に付きますから注意して乾燥させます。

黄色を部分的に塗って、つや消しスプレーで仕上げ、最後に目を入れました。

目はアップだと結構ずれてます・・・。

TIGERⅠの完成

ウェザリングも完了し、最後に再度つや消しで固めてTIGERⅠの完成です。

左前から
右横から
後ろから

TIGERⅠ製作感想

TAMIYA1/35ミリタリーミニチュアシリーズNo.216ドイツ重戦車タイガーⅠ型初期生産型 第503重戦車大隊第3中隊332号車1943年10月ロシア仕様(長ぇ・・)の完成です。

本当は1週間でささっと作ってしまおうと思ってたのですが、結局2週間ちょっとかかりました。

上塗り塗装のジャーマングレーがかなり失敗だったのですが、ウェザリングでなんとか修正出来た気がします。

薄め液があればジャーマングレーも薄めに塗って、下塗りのオキサイドレッドがうまく活かせたんでしょうが、仕方ありません。

気が向いたら、土台のジオラマでも作ってみようかな。

今回製作したプラモデルです。