世界最強のパスポートを宝の持ち腐れにするな、海外旅行は想像以上に簡単。

スポンサーリンク

日本のパスポートは世界最強で、191ヶ国にビザなしで渡航できるというニュースを見ました。

Henley & partners passport indexによるglobal ranking 2020による結果1位。

ビザ無しってことは、余計な手間と費用が不要ということで、とてもラッキーなことだと思います。

最近ではLCCも増えてきたので、海外は私が子供の頃に比べてぐっと近いんじゃないかと思います。

シゲンチ
シゲンチ

子供の頃、アメリカって一体何日かかるんだろうとか思ってたな

スポンサーリンク

日本人のパスポート保有率

しかし、残念な事かどうか、日本人のパスポート保有率は低い

自分で調べてみたところ、外務省の旅券統計によると、令和元年の有効旅券数は30,272,136件。

総務省の人口統計によると令和元年で日本の総人口は1億2616万人。

色々誤差はありますが、ざっくり言うと日本人のパスポート取得率は、30272136÷1億2616万=23.99%なので、約24%です。

U子
U子

因みに令和元年は令和1年だから、1+018令和=019だから西暦2019年です

シゲンチ
シゲンチ

何の豆知識

保有している人が皆毎年、外国に行くかというとそうではなく、大体その半分くらいじゃないんでしょうか?

24%の半分だと10%ってとこですか。

日本にいた頃の私の会社の部署は100人くらいいましたが、海外旅行行って来たって言う人は5人くらいしかいませんでした。

全体の5%、先程の数値とまぁ合います。

諸外国と比較すると日本人のパスポート取得率は低いようです。

日本人は海外に興味が無い?

じゃあ、日本人は海外に興味が無い?のだろうかと、私の海外在住経験も踏まえつつ考察しました。

島国日本

現在私は中国の南部に住んでいる為、たまにマカオや香港に行くことがあります(今はコロナで入国出来ませんが)。

中国からマカオって陸続きでイミグレーションを抜けます、深センから香港もそうです。

歩いて国境超える=海外が身近に感じる。

ヨーロッパも陸続きで国境を越えれますよね。

でも日本は島国なので、国境を越える=飛行機=気軽には行けないところ、という感覚はあると思います。

海外に在住してたりすると、海外旅行がグッと近く感じるのもその辺の理由だと思います。

海外旅行=長期休暇

そんな島国日本ですから、海外旅行をする場合ほぼ飛行機ですよね。

そうすると近場の韓国で2時間、グアムで3時間、東南アジアだと6時間くらいですか、2時間前の空港チェックインや移動を考えると移動で丸一日使います。

往復だと丸二日使います。

日本の一般的な長期連休は、長い会社でもゴールデンウィークや正月休みで9日間(土曜日~次の日曜日)。

お父さんは仕事の疲れを残したくないので、前後1日は休みにして中7日を旅行に当てたとしても、移動を除くと5日しか遊べない。

そうすると東南アジアですら5日なので、さらに遠いアメリカなんか行った日には3日くらいしか遊べないと。

東南アジア大好きならいいですけど、どうせ海外に行くなら遠くに行きたいけど、休みが少ないから今回は諦めよう、みたいな。

海外に住むと実感できますが、他の国の休みって日本と比較すると長いか、もしくは有給取りやすいです。

ドイツ人なんか1ヶ月くらい休みます、羨ましい。

中国もかの有名な春節期間は、大体どの会社も2週間休みです。

但し逆に、日本みたいにチョコチョコ三連休とか無いです、1年に2回くらい。

U子
U子

休むときはドーン!と休んで、そうじゃないときはしっかり働く。

シゲンチ
シゲンチ

絶対その方が効率的

日本の会社って休みづらいんですよねー、長期連休に有給付けるなとか、有給を使って1週間以上休んではいけないとか。

そういう道理が分からない会社ルール(社長が休めない腹いせだろ)があなたの会社にもありませんか?

長期連休が無いことが、海外旅行に行く気持ちを削いでいる可能性はあります。

チョコチョコ三連休とか、結局何もしないで終わるので、いっそ固めて巨大連休にした方が効率は上がりそうですけど。

旅行費用

子供が飛行機に乗れるようになり、一緒に海外旅行とか行くようになって実感しましたが、飛行機って子供料金ないから、4人家族だと単純に4倍なんです。

LCCを出来るだけ使っても結構な出費。

例えばオーストラリア往復1人7万円だったとしても、×4=28万円。

ホテルも4人だとそこそこ広いお部屋になる為、大体1泊3万円×6日=18万円

食費は色々節約しても、4人だと3色1日1万円×6=6万円

家族四人で6泊7日の旅行だと28+18+6=42万円、これにレジャー費やお土産費を足すとまぁ1回50万円てとこですね。

海外旅行は大体1週間コースで、毎回この値段を目安にしていますが、極端に高かったり、やすかった理したことは無いです。

あとは、この費用を高いか安いかと思うかですね。

「旅は1人で行け」って誰かが行ってませんでしたっけ、費用を考えるとまさにその通り。。。

日本は観光地がたくさんある

東南アジアを中心に海外旅行しましたが、他の諸外国と比較して、日本は観光地多いです、そして殆どの場所が綺麗で、変なボッタクリも無い。

しかも色々な入場料が安いと来た、市立動物園なんか500円とか、安すぎでしょう。

同じクラスの動物園に海外で行ったら、5倍以上の費用が必要です。

そうすると観光は日本でいいじゃん、移動も楽だしーってなりますよね、分かりますその気持ち。

飛行機のチケット予約とかホテル予約とか大変そう

飛行機のチケット予約とか、ホテル予約とか、昔はそれはそれは大変でした。

でも今は文明の利器スマホがあるじゃないですか、もう本当楽ですよ、旅行系アプリ最高です。

飛行機のチケットからホテルの予約、はたまたツアーの予約に至るまでアプリでほぼ完了します。

下記は飛行機とホテル予約用のアプリ4選です。

アプリ名系統メリット・デメリット
Expedia飛行機
ホテル
現地ツアー
飛行機は座席指定がアプリから出来ない
Trip.com程ホテル登録数が多くない
カスタマーセンターが日本なので、海外から連絡は面倒
Trip.com
飛行機
ホテル
飛行機はTrip.comが最安
座席指定も出来る場合が多い(航空会社による)
カスタマーセンターが中国にもある(日本語OK)
中国系アプリの為、コメント評価がほぼ中国人
Booking.comホテルホテル登録数と値段で考えると最高
コメント評価は日本人も多い
Hotels.comホテル国によっては、Booking.comより登録数が多い
旅行系アプリ4選

これ以外のアプリも一時期比較用にインストールしてましたが、チケットが比較にならない程高かったり、ホテルの登録数が少なかったりで数年間一度も使う事が無かったので、全てアンインストール(agoda/トリパゴ/OYO)。

Expediaは、私の中で最近出番が少なくなりましたが、時々極端に安いキャンペーンのホテルがあるので使い続けています。

飛行機のチケット予約の推奨方法

Trip.comで最安航空券を探し、さらに探した便の航空会社のホームページで同じ日時の費用を比較するのがベストです。

なぜなら、航空会社直接予約のほうが席の指定が簡単・キャンセル料がかからない場合がある等付帯メリットが大きい為。

もしほぼ同じ値段なら直接航空会社のホームページで予約して下さい。

Trip.comの金額は座席任意、預け荷物無しの料金なので、後から色々付けると逆に正規運賃より高くなる場合もあります。

Trip.comだと殆どがLCCチケット扱いである為、キャンセル不可のものが多いです、キャンセル可のチケットもありますが、時々航空会社直接より高くなってることがあるので注意が必要です、慌てて購入しないように。

もし、航空会社の値段よりも結構安く、またキャンセル予定が絶対無いのであればtrip.comでチケットを購入しても問題ありません。

また、Trip.comだと便①→地点①→便②→地点②→便③→地点③という一括予約の仕方をすると、便②だけキャンセルが出来ないので注意して下さい。

地点②の滞在日程を変更する場合、便②③両方キャンセル扱いとなります。

ホテルの予約の推奨方法

ホテルはExpediaTrip.comBooking.comで値段と口コミ(ホテルはこれが最重要)を比較して決めるのがいいんじゃないでしょうか。

個人的にはBooking.comを強く推します、理由はExpediaの口コミは欧米人中心、Trip.comの口コミは中国人中心であり、日本人の口コミが最も多いのはBooking.comです。

写真は、プロが撮ってるので狭い部屋も巨大に見えますし、設備なども文字の説明だけだと分かりにくいですよね。

ところが、口コミは結構間違いないので、良い口コミと悪い口コミ両方読んだ上で総合的に判断するのが良いでしょう。

周りに食事するところはあるのかとか、フロントは親切だったとか、非常に需要です、またどのアプリも地図表示が出来るのでホテルの位置確認を怠らないように。

景色は最高!だけど周りに食事するところがなくて、毎回タクシーで出費とか、毎日ホテル食事で飽きたとかなりますんで。

特に子供連れの場合とか、食事場所を決めるのは結構難儀なんですよね。

海外だと場所によっては、タクシーが捕まりにくい場合も多いので、ホテル周辺にレストランが多い場所の方が、宿泊費が多少高くてもトータル的には安くなる傾向があります。

言葉が通じないから・・・

言葉が通じないから、海外は行かない

ツアーパックだと言葉は通じるけど、自由時間が無くなるから嫌だ。

この気持ち分かります、私も中国赴任前はそうでした。

赴任後は、春節に中国にいても何もないし(お店も閉まる)、日本に帰っても日本は休みじゃないのでじゃぁ海外行くか!あ、でもツアーパックとかないし・・・

となった為、アプリでホテルや飛行機の予約を全部1人でやってます。

ホテルからメールで問い合わせがたまに来ますが、翻訳アプリがあるじゃないですかー、人間やらざるを得なくなると出来るもんです。

言葉が通じなくても、スラムに行くわけではないから殺されることはないですよ。

最近は高性能の翻訳機も続々開発されてますし。

日本人は自分の英語は下手だからって思ってますけど、中国人とか台湾人も大概ヘタな英語喋ってるんで気にしない方がいいですよ。

日本語で全部話せる方が楽っていう気持ち分かるんですけどね。

最強だからといって油断禁物

最強パスポートだから、有名な国はビザいらないよね〜って油断しないように。

例えばオーストラリア、電子ビザ(ETAS)が必要です。

ベトナム、1ヶ月に2回入国する場合、2回目はビザが必要です、ベトナム経由で他の国に行き、帰りも同じルートで両方共ベトナムに入国する場合、ビザが必要です。

といった具合に最強の文字に踊らされないよう旅行前に確認は必要です。

旅行当日に空港でビザ必要ですよって係員に言われて「しまった~!」ってならないように。

まとめ

日本人が海外旅行嫌いかっていうと、そうじゃないはずです。

費用の面とか、言葉の面とか色々あると思うんですが、一番ネックなのはやっぱり長い休みを取りづらいことなんじゃないですかね。

1年に1回、盆正月以外必ず有給で2週間休むこと!とか法律で出来ないかなー。