【現地に】海外赴任を2倍楽しむ方法【溶け込め】

スポンサーリンク
U子
U子

海外のど田舎に駐在することが決まってしまった…

シゲンチ
シゲンチ

ど田舎はど田舎でまた面白いよ

海外駐在初めての方へ。

赴任地によっては行くこと自体気が進まない場合もあると思います。

ですが島国に生まれた我々日本人にとって、海外に住むことはなかなか無い機会ですので、ぜひ色々積極的に経験しましょう。

現地でしか出来ない経験は、良いこと悪いこと両方とも思い出になりますし、この先きっと人生を豊かにしてくれます。

ここでは私が実際に、日本では出来なかったけど、海外在住中に楽しんだことを紹介します。

スポンサーリンク

滞在地から海外旅行に行く

長期休暇を貰えた場合、日本に帰るよりも海外旅行をおすすめします。

理由は下記の項目が挙げられます。

  • 殆どの国は日本から行くよりも短時間で行ける
  • 世界最強のパスポートを既に持っている

殆どの国は日本から行くよりも短時間で行ける

例えば、あなたが香港に駐在したとしましょう。

香港からタイまで飛行機で2時間で行くことができますが、日本からだと6時間以上掛かります。

この時間の差分現地で楽しめることになります。

また、航空チケット費用もその分やすいです。

せっかくなので、海外在住中は積極的に他の外国にも足を伸ばしてみましょう。

世界最強のパスポートを既に持っている

当たり前の話ですが、海外在住=パスポート持ち。

日本人のパスポートは世界最強でも書いていますが、旅行程度の日数であれば、多くの国にノービザで行けます。

ビザ取得って意外と面倒くさいし、旅行費用もそれだけ増えますから、ノービザって本当に素晴らしいです。

もしビザが必要な国に行く場合でも、海外から申請できるので安心して下さい。

インターネットにも代行サービスが存在するので、そちらで対応するのも手です。

私も以前中国からオーストラリアに、行った際にこちらの代行サービスを利用しました。

ローカルの物を使いこなす

ローカルの食べ物

海外で生活していると、日本ではお目にかかれない物や食べ物に出会うことがあります。

その場合、ほぼ2つの行動に完全に分かれます。

一つは、海外の物が信用できなくて、日本の物しか利用しない人。

もう一つは積極的に海外の物を利用する人。

信用できないという気持ちも理解出来ますが、海外の物は海外在住時にしか経験できない物も多いので、出来るだけ利用することをおすすめします。

ときどき大外れしますが、それもまたいい思い出になるでしょう。

ローカルアプリ

海外では、現地でしか使ってないアプリがあります。

現地アプリの中にはタクシー配車アプリ等使いこなすと生活が非常に便利になる物があります。

まずは現地人にアプリの安全性や普及率等リサーチして、良さそうだったら使いこなしましょう。

現地の言葉を勉強する

海外在住するなら外国語を学習するチャンスですね。

日本で語学学習するのと海外で語学学習することの違いは何か?

  • 学習したことをすぐ使える(アウトプット出来る)
  • どうしても現地語を使わないと解決出来ない場合がある

このようなメリットを享受できるので、現地で言語学習はおすすめです。

但し、いつも日本人ばかりで寄り添ってたり、会社の通訳の人に頼りすぎると、全く進歩しないので注意して下さい。

実駐在してたけど全く喋れない人を何人も見たことがあります。

現地人と仲良くなる

カタコトの言葉を覚えたら次なる目標は、やはりこれでしょう。

海外だと不安や不便から日本人同士で固まって行動したりしがちです。

でもそれだとつまらないし、発見が少ないです。

せっかく海外で生活してるんだから、現地人と仲良くなって、どローカル飯を一緒に食べに行くとか、やってみましょう。

新たな自分を発見するかもしれませんよ!

まとめ

以上、海外在住を2倍楽しむ方法でした。

とにかく食わず嫌いせず、飛び込んでみることです。

飛び込むときは一人で飛び込むことをおすすめします(安全は確保してくださいね!)。

現地で現地人に間違われるくらいになってくださいね!

もちろん困ることもあると思いますので、こちらの記事を参考にして心の準備をして下さい。