中国製の明太子をネットモールで買ってみたら、普通に美味いことが判明

スポンサーリンク

コロナウィルスの影響で、早5ヶ月日本に帰っていない、正確に言えば帰ることは出来るけど戻って来ることが出来ない。

ということで、そろそろ日本の食品が恋しくなるのだが、帰れない以上、現地調達するしかないわけで。

更に、なぜか無性に「明太子」が食べたくなった、私は福岡県出身なので、博多明太子が欠かせないのです。

シゲンチ
シゲンチ

あぁ明太子食いてぇ!中毒症状が!

先に言ってしまいますが、中国製の明太子普通に美味いです。

スポンサーリンク

中国国内での日本食材事情

中国で生活する前は、日本の食材無いから、色々買って行っとこうと思って、インスタントラーメンや、お米やお茶漬け等持って行ける物を持って中国に来ました。

当時は現地の情報も少なかったし、日本人もそこまでネットスーパーを活用していなかったので、全く手に入らないと思っていた。

その後分かったことは、駐在してる場所は、広東省の南の方なので、1時間ちょっとで香港やマカオに行って、日本の食材を買って来ることも可能ということ。

特に香港は住んでいる日本人の数が多いこともあり、日本食材は色々と揃っている、味噌汁に必要不可欠な味噌も種類が豊富だ。

U子
U子

なんで駐在先が香港じゃないの!

シゲンチ
シゲンチ

いやそんなん言われても・・・

但し今はコロナのせいで、香港もマカオも外国人は入国禁止

他の入手手段を考えるしかない。

まぁそもそも明太子は香港でも売ってるのか疑問だが。

京東で明太子を買ってみる

足で手に入らなければ、文明の利器に頼るしかないだろう、アプリだアプリ

明太子で検索

中国人から何度も聞かされる強烈アドバイス、「食い物買うなら京東にしとけ」に従い、淘宝は最初から候補から外す

早速、京東にて「明太子」で検索する。

明太子味ふりかけ、お茶漬けに混じって2段目にあるじゃないのー。

他にもいくつか店があったが、他の店の評価は10以下だったので、評価が500以上ある渔鼎鲜という店に入ってみる。

109元、明太子400gがどれくらいか分からないが、評価を見る限りでは良さそうだ。

ページ内詳細を色々見ていくと。

「博多 辛子明太子」、いやいや、博多じゃないだろう。。と突っ込むが写真を見て涎が出る。

渔鼎鲜という会社をインターネットで調べてみると、この商品以外にも色々と海産物を扱っていて、日本にも輸出してる会社だった。

ちょっと安心感が湧いてきたぞ。

発送情報も詳しく書いてある、氷も入れて発泡スチロールで顺丰のクール宅急便で送りますとのこと。

顺丰は、昔から信用の高い宅急便会社で、「もし宅配便を紛失したくなければ顺丰にしとけ」と言われたくらいだ。

写真の顺丰のお兄さんの顔もどこか頼りがいがある。

よし決めた、この明太子にしよう。

確実に受け取れるよう、土日を狙いポチッと(淘宝も京東も購入ボタンを押す前に、到着日時が出るのでありがたい)

到着

到着した。

前日に発送されたことは、菜鸟裹裹アプリ確認済だったのだが、上海発で今日届くとは思わなかった。

しかも陸路、1500kmも離れてるのにどんだけ頑張ったんだ運転手。

発送情報の通り、クール宅急便であるマークの「冻品」マークも付いて、包装も、発泡スチロール+大量の保冷材+保冷バッグ。

到着した状態で、まだ保冷バッグがキンキンに冷たい、いいぞ。

さすが京東のショップだ、中身はというと。

バランは何の意味があるのか分からないが、発砲スチロールと集めのビニール包装で、問題なし。

「日本の味 辛子明太子」と書いてある、「写真はイメージです」とご丁寧にありがとう。

裏側はどうだ。

色々書いてあるが、よくある変な日本語ではない、フォントも普通打、胆汁もちゃんと(たんじゅう)って書いてある。

実際の加工業者は「煙台共同食品企業有限会社」らしい、ホームページもあった、ホームページの日本語がアレなのだがまぁ、許せる範囲だろう。

原材料欄も一応確認し、食品添加剤の欄にはアスコルビン酸、山梨糖アルコール?とブドウ糖酸ということで、そこまで変な物は入ってなさそうだ。

さっそく試食

1人暮らしには多すぎる量だったので、男らしく(塩分とか気にしない)1本丸ごと乗せてみた。

子供の頃なら絶対に、母に怒られてる風景だ。

味は、、、うん、普通、日本のスーパーで買うのと同じ味だ。

ただ、中国人に合わせてるのかちょっとピリ辛がきついかな。

よって、この後、全体を水洗いし、余計な唐辛子等を洗い流しで冷蔵庫で保存することにした。

水洗いでピリ辛感は皆無となって良かった、うん美味しい。

まとめ

京東で購入した明太子、現在まで6本食べたが、お腹が痛くなったことはない

一応安全なのだろう、今後もしかしたら体が不調になるかもしれないが、この明太子が原因かはその頃には分からないだろう。

むしろプリン体の多さで通風になる方がよっぽど心配だ。

中国在住の方に、メイドインチャイナを気にしなければ味は問題無いので、どうしても明太子が食べたいときはお奨めする。

早く日本に帰ってふくさ屋の明太子が食べたいが、コロナで仕方なし、暫くは色々と我慢だ我慢。

あえてもう一度言おう、食い物は京東で買うように!

日本の明太子が食べたくなった方は↓へ。

▼本物の博多明太子福さ屋▼

福岡・博多で美味しい辛子明太子を作り続けてきた福さ屋です

▼昆布付け辛子明太子のかば田▼

味にてん、心にまる。昆布漬辛子めんたいはかば田

▼製造直販国産たらこの島本▼

新鮮な国産たらこを厳選!島本の辛子明太子