淘宝(タオバオ)安心できるショップの見分け方。旗艦店とは?

スポンサーリンク

初めて淘宝(タオバオ)を使い始める人が一番心配なことは『変な商品や偽物』だと思います。

実際に私も写真と説明文はしっかりしてるのに、偽者が届いた経験は数しれず。

特に日本の商品などを購入する場合は、出来るだけ安心できるショップで買いたいと皆さん思うはずです。

ショップの安心度の見分け方をガンプラを買う時を例として紹介します。

まず淘宝(タオバオ)天猫(ティエンマオ)についてちょっと知っておきましょう。

淘宝(タオバオ)と天猫(ティエンマオ)はどちらもアリババ傘下のネットモールです。

簡単に言うと、天猫は販売会社が登録されていて、誰でもかれでも登録は出来ない、淘宝は個人ショップ等でも登録することが出来ます。

よって登録ショップ数も淘宝の方が多いです。

逆に変な商品に当たる確立は淘宝>>天猫となります。

安心できるショップの見分け方について。

こちらは淘宝でプラモを検索した際に出てくる万代(=バンダイ)の公式ショップです。

ショップ名の所に『官方旗舰店』『天猫』の文字があります。それぞれ『官方旗舰店』=公式ショップ、『天猫』=天猫モールの店の意味。

天猫(T-mall)は天猫だけのアプリがあるのですが、今では淘宝アプリからも検索できるようになっています。

このお店は、『天猫』としか無い為、バンダイの公式店舗ではありませんが天猫モールに登録されているお店です。

このお店はどちらの表示もない為、淘宝にのみ登録されているショップです。

少し前に中国人からよく忠告されたことは、タオバオの個人ショップだと7割の確立で偽物が届くと。

4年ほど利用した個人的実績だと、7割は言い過ぎでまぁ2割前後かと。

偽物が届くことも事実なので、値段が高い商品等は、公式ショップ等で購入することをお勧めします。

最近は日本含めて海外のショップも随分増えました。

個人的によく使ってるのは、無印とかユニクロとかアシックスとか。他にも海外(アメリカ等)の公式ショップも増えています。