wechatで中国携帯大手3社の海外ローミングが買える。海外旅行で現地SIM購入不要!

スポンサーリンク

OPPOでeSIMの記事で、OPPOのスマホがあれば海外に行って、現地のホテル以外の非Free-WiFI環境下の場所でインターネットをする時でも、現地SIMカードを買う必要が無いことを紹介しました。

中国在住の方に必要不可欠アプリwechatでは、中国大手3社(移動、電信、联通)の海外ローミングが買えます

スポンサーリンク

wechatで海外ローミングが買えるって知ってました?

私は結構昔から使ってたのですが、OPPOのORoamigを知ってからは買わなくなりました。

先日周りの日本人がタイに遊びに行ったときに、「現地SIMカード買ったけどカードスロットのピンが無くてさ〜」みたいな話をしていました。

「いやいやwechatで買えばいいじゃないですか?」って言ったら「えっ」てなったので、あ、もしかして結構知らない人いるのでは、と思って記事にしました。

wechatで海外ローミングはどうやって買える?

以前はもう少し浅い階層にあって、見つけやすかったのですが、今はかなり深いところにある為、wechatを新規で使い始めた人は多分見つけられないです。

大袈裟では無いです、長年使用していた私でさえ、一時見失いました。

まずは、チャットではなく、下部ツールバーから「自分」をタップします。

次に上のほうにある「WechatPay」をタップ。

次に「Mobile Top Up」をタップ。

昔はこの位置に「海外流量」(名前はうろ覚え)というボタンがあったのですが、今は「更多流量」となってしまい、日本人は普通タップしないですよね。

「更多流用」をタップします。

この画面は、今月の容量が足りない!とか言う場合のチャージする時に使うとです。

実はこの下に、「出境流量」というボタンがありますので、タップします。

このメッセージが出てきますが允许(許可)をタップします。

出境は、出国という意味です。

色々な国名が出てきました。

なんか少なくね?と思いますが、ここに出てるのは、「热门目的地」ホット(流行)の場所です。

これ以外にも「更多地区」の下の方に30カ国くらいあります。

アメリカ等メジャーな国はありますが、無い国は諦めて下さい。

試しに「中国香港」をタップ。

おっと、タップする前に、どの電話番号をeSIMにするのか確認して進んで下さい。

ここがwechat-eSIMの凄いところで、他の人の電話番号の分を購入することが出来ます。

たとえば、妻の分を購入しておくとかも可能です。

上のスクリーンショット画面のモザイク部、□枠の部分に電話番号を入れればいいです、しつこいですが、中国大手3社のみです。

携帯会社で結構値段が違います

先程(中国移動)は香港1日8元でしたが、他の番号(中国電信)にしたら、24元(3倍!)です。

1日24元は高い!私は中国電信なのでコストの理由もあってORoamingを使っています。

「中国香港」をタップすると色々なプランが出てきますので、選んで購入して下さい。

1日800Mで10元(150円)、7日5.5GBで56元(845元)現地のSIMカードを買うことを考えれば、そんなに高くはないですよね。

ちょっと前だと7日使える香港現地SIMカードが99元だったのを覚えています。

購入方法

wechatですから、有無を言わさず、強制的にWechatPay払いです(笑。

支払いが完了するとこれらの画面が出てきます。

対象の電話番号にはこのようなメッセージがショートメッセージで届きます。

1日後から使えます、90日(3ヶ月)以内に使ってね(使わないと消滅するのかは知りません)。

使用方法

使用するときは、現地で、電話を再起動し国際ローミングをオンにして下さい。

再起動しなくてもいいスマホもあると思いますが、その場合は国際ローミングをオンにするだけ。

小技

よく使う人は、国名を選択する画面で、画面の右上にある□枠の・○・みたいなマークを押せばお気に入りやデスクトップに登録できます。

お気に入りに追加した状態です。

変なハトがいますが気にしないで。

まとめ

簡単ですが、wechatでの国際ローミングの購入方法の説明でした。

中国に住んでいると、日本よりも海外への距離が近くなることもあり、海外旅行等頻繁に行くことが多くなると思いますが、現地SIMを購入するよりも便利ですよ。

2020年の今はコロナウィルスで行けないですけどね・・・。